バチカンが中国版サイト、1000万教徒との関係修復へ

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090318-OYT1T01133.htm?from=top

 【ローマ=松浦一樹】バチカンローマ法王庁)は19日から、法王ベネディクト16世の活動状況や演説内容を詳細に伝える公式サイトの「中国語版」を開設する。
Click here to find out more!

 公式サイトはこれまで、イタリア語、英語、ドイツ語、ラテン語など西洋の7言語で運営されており、東洋言語の採用は初めて

 バチカンは中国との関係回復に意欲的とされるが、前向きな反応が得られず、中国カトリック教会との関係も途絶えたまま。法王は中国語版サイトを通じて、約1000万人とされる中国の信者に関係修復を直接訴える狙いと見られる。

 チベット問題など、中国政府にとって「不都合な内容」が掲示された場合は、中国国内で閲覧が制限される可能性も指摘されているが、バチカンは運用に踏み切る構えだ。

 中国は共産主義政権発足後の1951年からバチカンとの国交を断っており、中国カトリック教会は、法王の権威を認めていない。

 公式サイトはhttp://www.vatican.va
(2009年3月18日22時55分 読売新聞)

中国に先を越されてますね。日本語版も欲しいです。