肉控える「野菜の日」指定、欧州初と ベルギーの街

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090514-00000016-cnn-int

ベルギーの首都ブリュッセルから西方へ約50キロ離れたヘント市行政当局は14日までに、木曜日を「野菜の日」と指定し、住民らに1週間に少なくとも1日は肉類を控え、野菜の献立に集中させるよう求めた。この種の試みは欧州の都市としては初めてと自慢している。

同市は、国連のデータなどを引用し、世界の温室効果ガスの約18%は家畜などが原因として、「野菜の日」の大切さを強調。同時に、野菜は肥満、がんや糖尿病対策にも効果的と主張している。

市は13日、住民に野菜を使ったメニューやベジタリアンレストランを教えるキャンペーンも実施。市内にあるこの種のレストランの数は大都市であるパリ、ロンドンやベルリンより多いとも自負している。

こんなニュースも温暖化に関係あると読んでちょっとびっくりしました。