著名な人権活動家ら釈放=米大統領訪問絡みか−中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090824-00000074-jij-int

 【香港時事】24日付の香港各紙によると、脱税の疑いで逮捕されていた中国の著名な人権活動家、許志永氏が23日、釈放された。また、米国の中国語ニュースサイト・博訊新聞網は、7月5日に新疆ウイグル自治区ウルムチで暴動が起きた後、北京で拘束されたウイグル族の学者も釈放されたと伝えた。

 中国政府は10月1日の建国60周年を前に反政府活動への締め付けを強化しているが、11月のオバマ米大統領訪中を控えて人権問題が焦点になるのを避ける狙いがあるとみられる。

【関連ニュース】
・【特集】中国新疆ウイグル自治区暴動
・写真特集・中国新疆ウイグル自治区暴動
・〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
・暴動容疑者200人、公判へ=中国新疆
・わたしへの批判は人種差別=「次の被害者は大統領」

許志永氏というと、
http://news-net.ddo.jp/cgi-bin/estseek.cgi?phrase=%E8%A8%B1%E5%BF%97%E6%B0%B8&perpage=100&clip=-1&navi=0&attr=&order=_date_
によると、
2006/08
中国で人権派弁護士4人拘束、当局の不正追及に警告

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060818id22.htm
 【北京=末続哲也】中国当局は17、18の両日、交通妨害の罪などに問われた山東省の盲目の人権活動家、陳光誠氏の弁護人ら弁護士4人を相次いで拘束した。

 中国では、「弱者」の権利を守り、当局の不正をただす人権派弁護士の活躍が目立っており、こうした動きを警告する狙いが濃厚だ。

 北京の法曹関係者などによると、陳氏の弁護人を務める許志永氏ら3人の弁護士が17日、山東省で拘束された許氏以外は数時間後に釈放された。陳氏は昨年、同省臨沂市当局が人口抑制のため、中絶や不妊手術を強制していたと告発した。

(2006年8月18日22時23分 読売新聞)

との事で他にアムネスティも今年釈放を求めていますね。