レイモンド の検索結果:

殺人容疑の米国人釈放 パキスタン

…A)契約職員、米国人レイモンド・デイビス被告が16日、釈放された。被告は同日、殺人罪で起訴されたばかりだった。その後、遺族が慰謝料の受け取りに合意したため釈放され、すでに出国したとされる。(ニューデリー 田北真樹子) パキスタンではかなり反米感情の元になっていたようですが、どうなったんでしょう。 ■パキスタンで米無人機攻撃停止 拘束米国人へ影響懸念か http://d.hatena.ne.jp/navi-area26-10/20110219/p2 あたりがまとまっていますが、…

2人射殺のCIA要員、初公判=起訴事実確認拒否―パキスタン

…局(CIA)契約要員レイモンド・デービス被告の初公判が25日、ラホールで開かれた。裁判官は起訴状の内容確認を求めたが、同被告は「(現地語)ウルドゥー語を理解できない」と述べて拒否。公判手続きは終了せず、3月3日に持ち越された。 パキスタンでは事件後、デービス被告の処刑を求めるデモが発生するなど反米感情が悪化。公判は被告の身の安全のため、拘置が続く施設内で行われた。捜査当局によれば、同被告は殺人と違法武器所持の罪に問われている。 しかし現地語が理解できないCIA要員って何してた…

パキスタンで拘束の米国人はCIA人員 米高官認める

…述べた。この米国人はレイモンド・デービス容疑者(36)で、1月27日にオートバイに乗った男性2人を射殺したとして逮捕された。米当局はこれまで、同容疑者は外交官であるとして、外交特権に基づき即時釈放するようパキスタン側に要求していた。同容疑者は正当防衛を主張しており、ラホールの警察も証拠品などから射殺された2人が強盗であった可能性もあるとしている。しかし、逃走している男性に向かって執拗(しつよう)に発砲していたとの目撃証言があることから、警察当局者は「紛れもない殺人」だと主張し…

パキスタンで米無人機攻撃停止 拘束米国人へ影響懸念か

…射殺したとして米国人レイモンド・デービス容疑者(36)が逮捕された。米側は同容疑者には外交特権があるとして、即時釈放を要求。パキスタンとの間で外交問題に発展している。 このため無人機攻撃の中断について、パキスタン国内では「無人機攻撃の継続によって反米感情がさらに高まり、釈放がさらに困難になることを米国は懸念している」(地元記者)との指摘がある。 一方、パキスタン政府は17日、デービス容疑者の外交特権の有無を審理しているラホール高裁に対し、政府回答の延期を要請し、認められた。政…

殺人容疑の米外交官、広がる臆測=実は情報機関員? ―パキスタン

…道によると、外交官はレイモンド・デービス容疑者。先月27日、ラホールを車で移動中、バイクに乗った強盗とみられる2人組を射殺した。本人は正当防衛と説明しているが、病院医師の話では2人組は背後から何発も撃たれていた。【関連記事】 【特集】世界の小銃・機関銃〜カラシニコフ小銃は世界に1億丁〜 〔写真特集〕押収銃器〜ペンシル型拳銃から自作機関銃まで〜 「EU平手打ち」「人権違反」=外国人犯罪者「追放」に批判 外国人犯罪者を「一律追放」=人権問題の懸念も NYの一部タクシー運転手、護身…

米国人逮捕が外交問題に パキスタンと米、謎の身元

…る。 逮捕されたのはレイモンド・デービス容疑者とされる。米側は正しい名前でないとした上、身分の説明も二転三転。パキスタン現政権は親米の立場だが、国民の反米感情の高まりで簡単に要求をのめない状況だ。 報道によると、デービス容疑者は1月27日、ラホールを車で移動中にオートバイで近づいてきた男性2人組に発砲し、2人は死亡。「銃で襲われそうになった」と自衛を主張したが、警察は殺人容疑で逮捕した。米側は当初、容疑者は在ラホール米総領事館の職員だとしたが、29日には首都イスラマバードの米…

<米政府>対キューバ関係に変化の兆し 米州サミットに注目

…ナーズのアナリスト、レイモンド・ゴールディー氏は「フィデル・カストロが死去したとのうわさは過去10─15年間で6回は出た。その都度、シェリットの株価は約3%上昇している。このため、対キューバ規制の緩和は、シェリットに恩恵をもたらすとの考えが市場に染み付いている」と述べた。 また、今回のシェリット株価上昇について「シェリットがキューバに持つ資産、特に原油と天然ガス資産を売却できる可能性が出てきたことが支援材料となっている」と述べた。 ■米国が対キューバ規制緩和 サミット前に関係…