青海省 の検索結果:

チベット寺院、部隊が封鎖=僧侶2千人の食料不足―中国四川省

…に認められている信教の自由と人権(の保護)と相反している」と指摘。今後も状況を注視し続けると強調した。(共同)関連ニュース ・ 地震被災地で住民デモ 中国・青海省、土地収用でチベット族ら ・ チベット動揺ジワリ 僧侶自殺、デモ続発…中国当局、引き締め強化 ・ ダライ・ラマ引退を受諾 チベット亡命政府議会 ・ 【東日本大震災】亡命チベット人が募金活動 インド北部ダラムサラ ・ チベット寺院、厳戒続く ラサ暴動3年、今も緊張 まぁこれくらいで変わるような中国ではないと思いますが。

コレラ終息めど立たず=ハイチ、感染全土に拡大―死者3600人超

…く 〔写真特集〕中国青海省地震 コレラ終息めど立たず=ハイチ、感染全土に拡大 それに比べて日本は悲観的ですね。関連としてついでに。 ■日本の将来、9割超が悲観=閉塞感浮き彫りに―連合調査 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110111-00000138-jij-pol 日本の社会が1年後に良くなると考える国民は1割足らずで、9割超が悲観的な見方を持っていることが、連合が11日発表した意識調査の結果で明らかになった。経済の低迷や政治の混乱な…

北京のチベット族学生もデモ=中国語使用の強制問題

…日、伝えた。 西部の青海省各地で19日からチベット族の学生が授業での中国語使用強制に対して抗議デモを行っていることに呼応したもので、言語問題をめぐるチベット族のデモは4日連続となった。 【関連記事】 〔写真特集〕眼下の尖閣〜緊迫の海自哨戒機〜 【特集】尖閣諸島緊張の海 〔写真特集〕チベット問題 【特集】中国海軍〜その秘められた実力〜 【ルポ】ミャンマー「秘密首都」を歩く〜忍び寄る中国の影 中国国内では一切報じられていないという話のチベット族のデモですが、北京まで広がってきまし…

数千人が3日連続の抗議デモ=言語問題でチベット族学生―中国

…香港時事】中国西部の青海省で19日から21日にかけて、授業で中国語の使用を強制する新政策に反発するチベット族の大学生や高校生らが3日連続で抗議デモを行った。米政府系の自由アジア放送(RFA)が22日、伝えた。 デモが起きたのは黄南チベット族自治州同仁県や海南チベット族自治州興海県などで、連日数千人がデモに参加。同仁県では数日以内に授業ボイコットも計画されているという。 デモ参加者は「チベット語を返せ」と叫び、県庁前などを行進。20日の参加者は計8000人に達した。警察は各地の…

チベット族の高校生5千人超デモ 中国語強制に反発

…北京=峯村健司】中国青海省黄南チベット族自治州同仁県で19日朝、六つのチベット族学校の高校生ら5千〜9千人が、中国語による教育の強制に反発して、抗議デモをした。チベット独立を支援する国際団体「自由チベット・キャンペーン」(本部・ロンドン)が20日明らかにした。 地元当局は最近、チベット語と英語の授業を除く、すべての教科を中国語で教えるように変更した。高校生らは地元政府庁舎前で、「民族や文化の平等を要求する」などと叫んだという。同自治州では2008年のチベット騒乱の際も大規模な…

中国でチベット人800人拘束 米議会公聴会で明らかに

…し、チベット自治区や青海省のチベット人居住の地方に新たな「社会主義共同体」をつくり、チベット文化の抑圧を進めている (2)この試みは地方への鉄道拡大とも一致して進められ、伝統社会を変革する点で新文化大革命とも呼べる−などと述べた。 民間団体の「チベット国際キャンペーン」代表のケート・サンダーズ氏も「一昨年春の騒乱以来、中国当局はチベット住民のチベット帰属認識(アイデンティティー)を抹殺することを図り、その認識自体を『分裂主義』とか『反動主義』と断じて、弾圧の対象としている。そ…

新疆トップ更迭か=7月の暴動で批判−中国

…る。新しい公安相には青海省党委の強衛書記が起用されるという。【関連ニュース】 ・【特集】中国新疆ウイグル自治区暴動 ・ウイグル騒乱が暴いた「民族政策」の大矛盾 ・写真特集・中国新疆ウイグル自治区暴動 ・ 82年に核兵器用ウラン提供=中国がパキスタンに ・中国石油、新疆の油田開発に2兆6000億円投資 ■ウルムチ市トップを解任=暴動やデモで引責−中国新疆 http://d.hatena.ne.jp/navi-area26-10/20090906/p1 でも王楽泉の名前は出ていま…

青海省凍土から「燃える氷」=中低緯度で世界初採取−中国

…25日、同国北西部の青海省・祁連山の永久凍土層(海抜4062メートル)からメタンハイドレートのサンプル採取に成功したと発表した。 メタンガスが水と結合し、シャーベット状に固形化したメタンハイドレートは「燃える氷」と呼ばれ、新たなエネルギー源として注目されている。 陸上のボーリング調査でメタンハイドレートの採取に成功したのはカナダ、米国に次いで3カ国目で、中低緯度の凍土層では世界で初めてという。中国は2007年、南シナ海北部海域でもサンプルを採取している。 海中でのメタンハイド…

ウイグル自治区で再びデモ 胡演説集中学習キャンペーン中

…こっきょう)副首相が青海省のチベット族自治州を視察するなど、中国共産党政治局常務委員が相次いで、少数民族地域を集中的に訪問した。 指導部による異例の訪問は、建国60周年を前に当局が進める民族団結キャンペーン本格化の合図だった。胡主席は視察中、「少数民族地域での経済発展を基本に社会の安定を維持し、民族団結を堅持せよ」と訴えた。ウイグル、寧夏回族、広西チワン族などの各自治区では、政府や軍、企業が「学習会」を開き、胡主席の「重要講話」の周知徹底に努めた。 生活水準向上に向けた多額の…

中国チベット自治区に2本目の鉄道 支配強化が狙いか

…に開通した青蔵鉄道(青海省−ラサ)に続くもの。2本目の鉄道建設について中国当局は、自治区の経済発展に寄与するためとしている。だが、中国からチベットへのモノと人の流入を促進し、経済面での不満解消につなげ、中国共産党の支配体制強化を図る狙いがある。鉄道が開通すれば、チベットに人民解放軍の部隊を送り込む際の時間も大幅に短縮され、軍事的な意味も大きい。 [フォト]開通当時の青蔵鉄道 川蔵鉄道は全長約1630キロ。投資総額は約540億元(約7560億円)で、8年後の2017年に完成する…

チベット僧ら数百人が警察襲撃…中国・青海省

…華社電によると、中国青海省ゴログ(果洛)チベット族自治州のラギャで21日、チベット仏教僧侶100人近くを含む数百人の群衆が警察署を襲撃、地元政府職員数人が軽いけがを負った。騒動は22日までに収まり、警察が6人を逮捕したほか、89人が自首した。このうち、93人が地元寺院の僧だったという。 インド北部ダラムサラに本拠を置くチベット亡命政府によると、警察署周辺には約4000人が集結し、「チベット独立」などと叫んだ。チベット動乱50年、ラサ暴動1年にあたる今月、チベット族居住地域では…

中国チベット自治州 手製爆弾で警察襲撃、騒乱相次ぐ

…新華社通信によると、青海省果洛チベット族自治州班瑪県で9日未明、数十人の住民が地元警察を襲い、手製爆弾でパトカーと消防車を爆発させた。現場近くではチベット族による騒乱が相次いでおり、10日にチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世がインドに亡命するきっかけとなった騒乱から50周年を迎えることから、地元当局は厳戒態勢を敷いている。 現場は四川省との境界近くの山岳地帯にある地元警察の検問所。警察当局が8日午後、木材を運ぶ地元住民のトラックを停止させ、荷物と免許証を検査していたが口…

中国、少なくとも過去4年で最悪の電力不足

…0013-fsi-bus_all 中国の原子力発電最大手、中国核工業集団は、同国内陸部の青海省でウラン探査に着手すると発表した。ブルームバーグが16日、伝えた。それによると中国核工業集団は、青海省当局と同省内にある複数のウラン鉱床を共同開発することで合意し、署名した。中国では石炭による火力発電が全体の8割を占めるが、二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境保全対策の観点から、原発の増設を急いでおり、燃料となるウランの確保も急務となっている。(河崎真澄) というのもうなずけます。

ラサ暴動で現地当局の対応批判=中国高官が異例の発言−香港紙

…チベット族が多い中国青海省の政治諮問機関・人民政治協商会議(政協)のバイマ主席(閣僚級)はこのほど、同紙のインタビューに応じ、隣接するチベット自治区のラサで3月に起きた暴動について、現地当局の対応の遅れを批判した。 中国高官が他の地方・部門を公然と批判するのは異例。共産党政権内部で、チベット族の騒乱が拡大して国際的非難を招いたことに関し、チベット自治区当局の責任を問う声が出ている可能性がある。【関連写真】〔写真特集〕チベット問題 【関連記事】チベットの国内ツアー再開=中国 【…

チベットの女性作家を拘束か=米ラジオ

…されたという。報道内容の信ぴょう性は確認されていない。 一方、チベット人女性作家でテレビ界でも活躍しているジャムヤン・キーさんが、中国公安当局に拘束されたことが分かった。夫ラマオ・ジアさんがAP通信に語ったところによると、ジャムヤンさんは今月7日から行方不明になっている。米政府系放送局「ラジオ自由アジア」は北京市内の消息筋の発言として、ジャムヤンさんが青海省の省都・西寧で拘束されたと伝えた。容疑は不明。公安当局はここ数週間、海外渡航歴のある大勢のチベット人を事情聴取している。

ダライ・ラマ生家、厳しい監視下…現住の親族は事実上の軟禁

…4世の生家正門(中国青海省平安県で)=加藤隆則撮影 【西寧(中国青海省)=加藤隆則】中国チベット自治区ラサで大規模暴動が発生してから14日で1か月を迎える。 同自治区に隣接する青海省にあるチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(72)の生家は、当局の厳しい警備下に置かれ、外部との接触が制限され、現住する親類らは事実上の軟禁状態に置かれていた。 「ずっと山の奥だよ。先で聞けばすぐわかる」。10日、省都西寧市から延びる高速道路を下り、生家の所在を尋ねると、チベット族の住民らは驚…

チベット自治州で新たな暴動=当局者1人重傷−中国四川省

…diary?word=%b4%c5%bb%da 位置を調べた事はありませんでした。 ここ↓ですね。 他の関連地図はこちら↓にあります。 ■中国、海外メディア非難 チベット掌握に自信深める(+その他) http://d.hatena.ne.jp/navi-area26-10/20080321/1206118979 ■青海省で800人参加のデモ、途中で警官隊が阻止×3 http://d.hatena.ne.jp/navi-area26-10/20080325/1206400003

青海省で800人参加のデモ、途中で警官隊が阻止×3

…センター」は23日、青海省黄南チベット族自治州の県でチベット族住民約800人が参加するデモが起きたが、途中で警官隊に阻止されたと報じた。 同センターによると、この県では22日にも複数のデモが発生し、地元当局は23日、少なくとも3人のデモ参加者を逮捕した。現地では青海省の省都・西寧から派遣された多数の武装警察部隊が厳重な警戒活動を行っているという。 確かな情報が分かり難いチベット情勢ですが、3記事あるから確定かな。青海省はいままで取り上げてませんでしたが、西蔵鉄道で、チベットと…

チベット自治区への観光客が60%増、鉄道効果と

…は、チベット文化圏の青海省西寧とチベット自治区ラサの約1956キロを結ぶもので、標高4000メートル以上の区間も通る。高速鉄道を導入したことで、北京─ラサ間の所要時間は2日間に大きく短縮された。同自治区への観光客増加は経済開発の恩恵をもたらしているが、チベット独特の文化が侵食され、「中国化」が進むとの懸念も地元で出ている。観光客が押し寄せて観光バスが大量に導入され、交通事情の悪化ももたらす弊害も出ている。新華社によると、自治区と中国の他地域の物流の約75%は同鉄道が担っている…